化粧水で保湿をすることで、肌がもちもちして柔らかくなります。

水分を補給して効率的に浸透させると、トラブルのない若々しい肌にすることができます。美容液は美容成分の補給がメインになりますし、乳液やクリームは水分の蒸発を防ぐための蓋のような役割をします。化粧水は水分を補給できるただ一つのアイテムとなります。

みずみずしい肌にすることで小じわを予防したり、後に使う美容液の浸透を良くする効果もあります。より水分を肌に届けるにはシートパックを利用するのも良いですが、両手のひらで温めて塗布する普通のケアでも近年の技術の進歩により浸透率が良くなっています。保湿力の高い化粧水成分はヒアルロン酸です。

1gで6リットルもの水分を保持する能力があるのは有名で、ほとんどの高保湿化粧水に使われており、表示はヒアルロン酸Naやアセチルヒアルロン酸などと書かれています。また、コラーゲンは肌の弾力やハリをアップさせる成分として知られていますが、実は優秀な保湿力も持っていますので使用すべきです。

ヒアルロン酸とコラーゲンはセットで配合している化粧水が多いです。また、高保湿成分と言えばセラミドです。セラミドは乾燥性敏感肌を改善する効果を持つとして、多くの敏感肌用スキンケア化粧品に使われています。

角質層の肌バリアを強化するために必要な成分なので、補給することで水分保持力のレベルを上げることができます。セラミドはヒト型セラミドを選ぶことをおすすめします。その理由は、もともと肌にあるセラミドと同じなので馴染みが良いためです。刺激もほとんどないので、セラミドを使う場合はヒト型がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です