特に乾燥の気になるこの季節。
毎日洗顔後に保湿しているのに、乾燥している気がしていたり、カサカサやゴワゴワが気になる方は、化粧水のつけ方をちょっと見直してみると良いかもれません。

コットンでつけている方もいると思いますが、手を使ったほうが効果的です。
その方が肌にとっても優しく、浸透力もアップします。
ニキビや乾燥肌などなんらかのトラブルで悩んでいる方には特に手を使うことをオススメします。
またおすすめの化粧水をつけるタイミングですが、洗顔料で洗顔した後になるべく早くつけるべきです。
洗顔してから時間が経つと皮脂が過剰に分泌され、化粧水の浸透力も落ちますし、ニキビなどのトラブルの原因にもなりかねません。

ただし1日に何度も洗顔を行っていたり、ゴシゴシと間違った洗顔をしているようなら化粧水も意味がありません。
まずは正しい洗顔をすることも大切です。
ゴシゴシとこするような洗顔は摩擦によって、しわの原因にもなりますし過剰に皮脂を奪ってしまい余計に乾燥肌を悪化させることにもつながります。
ネットなどであわ立てた泡で優しく肌を労わるように行いましょう。
正しい洗顔をしたのちにしっかり保湿してあげることが大切です。
化粧水も肌に優しくを心がけて、叩く、こするなどのつけ方は避け、手のひらで優しくつけます。
そして、塗れば塗るほど肌に良いというものではありませんので、適量を心がけてください。
1度つけたら、1分待ちもう1度塗ると、より肌に浸透してくれます。
正しい使い方を覚えて乾燥肌のお悩みを解決しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です